egotop
Egoist
Mail
HomeAboutMainLinkLog&PresentBlog
食うために軍人になった女達 −オリキャラ覚書−
 このスピンオフを書く為に、オリキャラを多数捏造し、原作で背景が不明なキャラを勝手に肉付けしました。この方々には、その後もご登場頂く予定ですので、忘れないようにここにメモします。

■ヘレーネ・シェリング(主人公)
帝国暦469年生まれ。21歳。
 軍務省経理装備局付准尉。ローエングラム政権になって初めてキャリア採用された女性軍人の第一期生。平民の母子家庭の娘として育つが、実はリッテンハイ ム候の庶子。異母妹サビーネを養う為に、大学を出ると出自を隠して軍に就職した。
ワーレン艦隊所属のコンラート・リンザー大佐と恋愛関係にある。

■コンラート・リンザー
帝国暦463年生まれ。27歳。
 原作で、リップシュタット戦役時、リッテンハイム軍の補給部隊に大尉として従軍し、味方から砲撃を受け、キルヒアイスに投降した。後にワーレン艦隊に移動し、地球討伐の際には中佐になっていた。新人研修時に臨時教官を務めた縁でヘレーネと知り合い、結婚を前提に交際中。

■ベアトリス・フォン・アデナウアー
帝国暦469年生まれ。21歳。
 ヘレーネのギムナジウム−大学時代からの親友で、彼女の出生の秘密を唯一知っている。同じく大卒キャリア採用女性軍人の第一期生。軍務省人事教育局付准尉。
 貧乏男爵家の長女で、父親は、かつて巡洋艦ハーメルンUの艦長を務め中尉時代のラインハルトの上官だったことがある。(外伝「叛乱者」)
 父がバーミリオン会戦で戦死後、家族を養う為に公務員(軍)に就職。
 フェルナーに惹かれているが、なかなか気づいてもらえない。

■アレクサンドラ・シェスター
帝国暦468年生まれ。22歳。
 同じく大卒キャリア採用女性軍人の第一期生。統帥本部幕僚長室付准尉。
 学部が違い面識はなかったが、ヒルダの大学の同級生に当る。実家は門閥貴族系企業の下請け工場を経営しており平民だが裕福な家庭だったが、リップシュタット以降斜陽となり、財産の殆どを失った。将来を見据えて大学を出て公務員の道を選んだ。国務省の上級官吏登用試験に落ちたので、仕方なく軍の採用試験を受けて軍人になった。
実は髭フェチで、ベルゲングリューンに運命を感じるが、階級の壁があって、まだ一言も口をきいたことがない。

■アンナ・ケンペル
帝国暦467年生まれ。23歳。
 同じく大卒キャリア採用女性軍人の第一期生。大本営幕僚本部主計局付准尉。
 平民の豪商の娘だったが、事業内容が貴族相手の宝飾品や美術品の販売だった為、リップシュタット戦役後にあえ無く倒産、無一文に。何とか奨学金で大学を出たが、安定性を最重要視して公務員を志望。実はコスプレマニアの制服フェチが理由で、同じ公務員でも文官ではなく軍人を選んだ。本当は、近衛兵の制服に一番憧れていたが、配属が叶わなかった。制服姿のキスリングに一目惚れしてしまい、何とか彼とお近づきになることを画策している。

TOP
footer
Copyright(C)2010 Jeri All rights Reserved.